住宅の基礎

耐震補強を行なうにあたって、建物の基礎を見直すということは大切です。木造建築だけでなく、鉄筋コンクリートでも建物の基礎を見直す必要があります。
基礎は、建物の揺れによってかかる負荷を、家屋の各部分に分散させる機能があります。基礎が均等に揺れの負荷を逃がすことが、地震の被害を少なくするのに必要です。
基礎を見直したほうがよいかが一目でわかることがあります。それは、基礎の部分にひびが入っていないかです。
ひびわれがおきているということは、建物全体の重みに基礎が耐え切れていないということです。ひびが入っている基礎は非常にもろくちょっとした揺れでも崩れてしまいます。
基礎が崩れるということは、基礎と繋がっている柱やはり、壁が崩れるということです。つまり建物が倒壊するということです。
建物の倒壊を防ぐために、基礎にひびが入っていたら最優先で耐震補強を行なうべきです。

耐震補強を行なうにあたって、比較的手軽に行なうことが出来る部分から工事を行なって、基礎は後回しにしがちです。しかし、大震災があっても残っている建物は基礎がしっかりしている建築物です。
基礎の耐震性を高める工事はどのようなものがあるのでしょうか。
基礎の工事というと大規模なものを想像しがちですが、基礎に炭素繊維のシートを貼り付けるという手軽なものもあります。
マトリックス樹脂を用いて炭素繊維シートを貼ることで、靭性能、せん断強度が湖上氏、耐震性を高めることが出来ます。
また、基礎と繋がっている柱の引き抜きを防ぐ耐震補強工事を行なうなどで、更に揺れに強くなります。