耐震性を高める工事

補強工事を行なうにあたって非常に重要なのが、建築資材です。地震の揺れに強い建築資材は、鉄筋やコンクリートなどを使用したものです。
このような建築資材を用いて耐震補強を行なうことで、耐震性を向上させることが出来ます。新しく建てられた建築物は鉄筋やコンクリートを用いて作られているので耐震補強を行なうことができます。しかし、木で作られている木造住宅では、耐震性を高めるのが難しいといわれています。
古くから立てられている木造建築などは、耐震設計が施されていない可能性も高いので非常に危険性が高いです。耐震診断で、耐震基準を満たしていない場合は、早めに耐震補強を行なう必要があります。

木造建築の耐震性を向上させるのにまず必要なのが、建物の基礎土台を見直すということです。基礎がしっかりしていないと、大地震の際に建物が基礎からはみ出して、住宅倒壊のリスクを向上させてしまいます。
基礎を見直し、十分な耐震性が無いとわかった場合は工事がひつようになります。
次に大切なのが、接合部です。建物は、様々な部分が一体となって出来ています。壁、はり、柱、土台などが一つになることで出来ており、各部分がしっかりと接合されていることで耐震性を発揮することが出来ます。
柱とはり、土台は仕口で繋がれています。仕口の接合がしっかりしていないと、軸組みとしての強さが発揮できず揺れに弱くなってしまいます。

建築物の中で、最も大きい面積を占めるのが、壁です。壁が硬く揺れの際に形状変化を起こしにくい材質にすることで揺れに強くなります。
屋根が重いと、振り子のように建物が揺れてしまいます。揺れの大きさを増幅させて、倒壊を誘発するので注意が必要です。