耐震診断を行なう

いつ何時起こるかわからない地震の対策として行なうことができるのが耐震補強工事です。耐震補強工事を行なうにあたって、まずは自宅の耐震性がどれくらいのものなのかを調べる必要があります。
耐震性が低ければ、大規模な耐震に対する補強工事を行なう必要があります。逆に、高い耐震性がすでにあれば比較的簡単な補強工事を行ないます。
耐震性をしっかり把握することで、自宅に必要な補強工事のレベルを決めることが出来ます。

自宅の耐震性を調べる、耐震診断というものがあります。地震が起きた場合に建物を保全するために設計することを耐震設計といいます。
耐震設計のレベルを定めている基準を耐震基準といいます。建築基準法という法律により、耐震基準が示されています。
建物を構築するための、鉄筋コンクリート、造木造、鉄骨造、それぞれの構法ごとに定められています。現在は身体新設計基準というものが定められています。
この新耐震設計基準の建物は、大震災があった際にも倒壊が少なかった建物です。そのデータを元に制定されています。
住宅やビルが、十分に新耐震基準を満たしているかどうかを調べるのが、耐震診断です。

過去日本では多くの震災が起きました。阪神淡路大震災や、東日本大震災など様々です。そのたびに建築業界は建物の耐震性を見直してきました。
新しく建築されている建物は、耐震設計が優れており大きな被害が少ない傾向にあります。
しかし、昔の建物はまだまだ新耐震基準を満たしていないものも多くあります。そのような場合は耐震補強工事を行なう必要があります。
耐震補強工事を行なうことによって、安全で安心な暮らしを守ることが出来ます。